★サロンからのお知らせ★
初回ブログからのご予約は
20%引き+3Dアート1本プレゼント!
セルフジェル教室 始めました!詳しくは メールにて。
8月サロンのお休み
毎週 祝日 日 月曜日

Stylish Nails & Beauty

プロフィール

chika

Author:chika

やっと見つけました。私たちが私たちらしくいれる場所 それがAustralia Brisbane.日本では感じることの出来ない そんなふっ~とした出来事をプログに残したい。
いくつになっても 夢を見続けること 夢を夢で終わらせない ”Dream come true"きっと、叶います 思い続けていたら。
これから 親子留学を考えてるママたちに 離婚で気持ちがダメになりそうなママたちに 少しでも励みになり 役に立てればと思います。
現在は 日本人ママネイリストとして がんばっています。
2006・2007 Sydney International Beauty EXPO 
3D Art Class 優勝&2位
2007 APPA Internatinal Nail Competition
3DArt OpenClass 2位
2008 Australian Cup
3DArt OpenClass 3位
2008 Sydney International Beauty EXPO 
3D Art OpenClass 優勝
AUS Ez Flow
Master Nail Technician&Educator

CONTACT ME(ご予約もこちら)

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

星が舞って消える
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beauty School 最終回!!!

Beauty School最終回!続編です、初めての方は ここから!

いくつかのクライアントDAY 4回のテスト 卒論みたいなものをこなし どうにか 手に入れた。
Certificate Ⅳ BeautyTherapy
決して 優秀な成績ではなく、たぶん一番下で手に入れた。(笑)
オージーたちは このCERⅣで 終わる生徒がほとんどだった。
でも 私は その後のDiploma in Beauty Therapyの勉強が半年間残っていた。勉強が好きなわけではない。
なぜ?Diplomaを選んだかと言うと 私は 日本人だからだ。
AUS人だったら、CERⅣで十分だと思う。でも 私は 日本人 もしAUSで BeautyTherpistとして働くことのになった時 やっぱり大きく影響するだろぉ~っと予測したからだ。

このDiplomaの勉強になってからは 毎日学校へ行く必要がなくなった。週に3回だけの授業になった。
今まで フルタイムで飛ばしてきた私、週3回の学校になったことで 自分の時間が持てるようになった。
そこで 前から興味があったNailの勉強を独自で始めた。

AUSで初めて 働くと言う経験もした。
Beauty Therpistとして 週2回ある高級なBeautySalonで働き出した。
学校とは また違う。実践・・・ここでも 覚えること 勉強することがたくさんあった。
海外で働いているんだぁ~と言う満足感と 自信。
このSalonでは、4ヶ月間ほどお世話になった。

Diplomaの勉強は 永久脱毛を習う。
この永久脱毛 1本1本針を刺して 電気を流す方法。
オージーの生徒がもう一人 私と一緒に勉強していた。
2人で 実践的な練習を繰り返す 毎日。

そして 最後のテストを受け 1年半にわたる 苦しかった私のBeauty Schoolでの勉強が終了した。何度 泣いたことかぁ~
英語も それなりに・・・宇宙人から 人間へと変わりつつあった!!

もう、これ以上 学生として勉強はしたくない!大きな決意と共に無事卒業した!!! 

でも 私は この後 Nail Schoolに行くことになる。次回(Nail School)へ続く~♪

2004年12月17日 Diploma in Beauty Therapy ゲット!!!^^

人気ランキング参加中~クリックお願いします。^^
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

クライアントDAY

BeautySchoolのお話。
前回のつづき(初めての方は 読んでください!)

Beauty Schoolでは、毎週木曜日に”クライアントday"というものがある。実際に 本当のお客様が来て その週に習ったことを実践する日だ。フェイシャルから メイクアップまで 3時間の実践。

朝登校すると ホワイトボードに クライアント名 どんな順番で何をするか・・書かれてある。
その準備は 生徒自身で それぞれ行う。

はじめてのクライアントday!私は かなり緊張していた。
それぞれのセラピストが お客様をお迎えに行き 自己紹介と 本日のメニューの説明を行わなくてはならない。
クライアントカードへの記入 質疑などなど。
英語が たどたどしい私・・・また、泣きそうになる。

私のクライアントは クライアントday常連客のオージーのおばさん。
とても 気さくないい感じのおばさん。
私の緊張が 伝わったのか・・・
「大丈夫よ。あなたなら 出きる!」と励ましてくれた。

その後 このオージーのおばさん 毎回私を指名してくれた!
ときどき、ピーナツやクッキーなど 持って来てくれて 一緒に食べようと・・^^

こうやって、クライアントdayをこなし、、1歩ずつ 本物ビューティセラピストに 近づいて行く。

Beauty School 最終回 次回に続く~

人気ランキング参加中~クリックお願いします。^^

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

Beauty Schoolでのお友達

初めての方へ 前回のつづきを 是非読んでくださいね!

宇宙人&無口な日本人になり フルタイムの学生生活。
Beauty Schoolは、毎日 ハプニング連続だった。
覚えることが 多すぎ 頭が爆発しそうな感じだった。
夕方5時に 娘を迎えにいって 家に帰ったら グッタリ
1時間 寝なきゃ 夕食作れない状態だった。
「ごめん・・ママちょっと寝る!」
と 娘に告げ 毎日 夕寝をするようになった。
娘には、申し訳ないと思いつつ 英語付けの毎日に 頭と体がパニックを起こしてる。寝なきゃ・・・動けない。

そんな大変な学校生活、オージーの友達も出来た。
彼女の名前はLinda.彼女とは Smoking仲間!!タバコを吸っていたことが ラッキーだったのは、流れ星を見たときと 彼女との出会いだ。
帰るバスの乗り場が同じと言うのもあった。
いつも ノートを貸してくれたり、やっていることが わからない私に 一生懸命説明をしてくれた。実技のグループ分けの時 独りポツンといると いつも声をかけてくれた。Lindaを通して、Lisa Jo(Josephine)に知り合い 私たちは 4人のグループになった。

学校は 4学期にわかれていて その間に数週間のHolidayがある。
1学期も終わりに近づいた頃、テスト日程が発表された。
当たり前だが

げっ!やっぱ、テスト・・・あるんだ!

ランチタイム 先生のところに乗り込んだ。
「どこを 重点的にやればいいのかわからない。教えてださい。」
半泣きの私を見て・・・
「ちょっと 待ってって!」ボスの先生となにやら 会話している。
「大丈夫 私が出来るだけ Helpするわ」と。
私の教材に ☆マークをつけて、ここは出るから覚えてね・・と。
げっ、ほとんどじゃん。。。。
私は 何とか交渉して 辞書の持込の許可を取った。

テストは 3日間 午前中のみ。合格ラインは 70%
出来た人から 教室を出て行く・・・。
お決まりだが いつも私独りが教室に残された。

覚えるだけのものは まだいい。
私が 時間がかかったのは 「Case Study」
Case Studyと言うのは すべて自分の意見で述べる論文のようなもの。
文法力がないわたし。書けないのだ・・・。

見かねた先生が ボスとなにやら 話している。
「あなたは わかってるけど・・書けないのね?じゃ、私に口頭で言ってみて」と!
私が たどたどしい英語で話すのを聞き 口頭で回答が合っていたと 何問かサインをしてくれた。
70%きった 科目については Holiday前に 呼び出され 課題を渡された。
これを やってきたら OKにする。
こうやって、1学期が終わった。

次回に続く

人気ランキング参加中~順位が下がっちゃいました。クリックしてください!(;^_^A アセアセ
 

テーマ : 留学生活
ジャンル : 海外情報

苦しい日々

初めての方へ 前回の続き

Beauty Schoolでは、かなり苦労した。
授業についていくのが やっと!
語学学校のように ゆっくりの英語ではなく 猛スピードで繰り広げられた。

朝からは、デスクでのお勉強 お昼からは 実技だった。
元々 興味があるBeautyだから、大丈夫!って思ってたが 大違い。

デスクワークでは、筋肉 骨 神経組織から、体の解剖学まで。
私は 医者 看護婦になるかも・・って思うくらい。

私の頭の中には いつも「?????」
気が狂いそうになるくらい、難しかった。
たぶん、日本語で学んでも きっと私の大嫌いな分野だろ~

それを 英語で学ぶ わ・た・し! 

先生が 授業中 

「さぁ~メモをとって!」って・・・

ノートは 出したが 猛スピードの英語に

私のノートは 最初の「The・・・」のみ。

9時半から 12時半までの授業は ただ座ってる だけだった。

先生も 生徒も みんなFriendly
「わかる?」と何度も聞いてくれた。
「質問があったら 何でも言ってね!」と先生。

実際 何を聞いたらいいのかさえ わからなかった。

お昼休みも オージーの生徒たちに交じって。
聞き取れない 英語が~~~
それでも みんな話しかけてくれた。
でも 何も返せない。
私が 話そうとすると みんなが構えちゃう。聞いてあげなきゃ~って思ってくれているのだろ?!
テレビの話題で 盛り上がってるところ「シィ~~~」ってなっちゃう。
一瞬 会話がストップする! 

日に日に ひとりで ランチを取るようになる。
なぜなら、その方が楽だと感じるようになったから。
もし、反対に 日本で専門学校へ行っている。カタコトを話す 外人が交じっていたら 最初は 聞いてあげなきゃって思うけど みんなで盛り上がっていたら その子の存在を忘れちゃう。
それと同じ 無視されているわけでもなく・・・

私は 宇宙人&かなり無口な日本人になった。
英語を話すことが 語学学校より少なくなった。

でも 学校へは行き続けた。絶対 ドロップアップはしない!

次回へつづく。 

人気ランキング参加中~目指せ10位内^^クリックしてください!

語学学校から Beauty Shoolへ

第2の決断のつづき~

2003年2月 無事に 語学学校を卒業した。
一番下のクラスから 上から2番目のクラス(Upper Intermediate)
にまで上がる事が出来た。
1年間の過程を終了。。

新しいSchoolは、悩み悩みぬいたあげ「Diploma of Beauty Therapist」約1年半への道を選んだ。
プラス、マイナス(永住権)を考えるより 1度しかない人生 好きなことを学ぶ方が 悔いがなくていい。そう思った選択。
きっと、何か見つけられる。そう信じての究極の選択でもあった。

2003年4月 CityにあるBeauty Schoolが始まった。
学校は 9時半から4時半までと 語学学校時代より長い。
4時半に学校が終わると言うことで 3時に終わる娘のお迎えが5時過ぎになってしまった。
娘は 学校が終わってから After School Careに残ることになった。

留学生は・・イヤ日本人は・・私がひとり!
後 すべての学生は オージーの生徒たち。
クラスは 25人。制服もあった。

英語・・少し自信が出来ていた。語学学校へ1年通ったという~
その自信が キレイに裏切られた!!
語学学校とは まったく違う空気!!
年齢も、いろいろ 16歳の(日本では中学校を卒業したばかり)生徒から50歳を過ぎた生徒まで。
みんな 学ぶという真剣そのもの。
ネイティブスピーカーの早い英語が 飛び交う~

私の英語は また、宇宙人に逆戻りした。次回へつづく

人気ランキング参加中~目指せ10位内^^クリックしてください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。